岩手県盛岡市で相続にお悩みの皆様へ!各分野で実績豊富な専門家が貴方の様々な相続問題をサポートします

盛岡アート相続サポートセンター

019-636-3241

受付時間:9:30~18:00 (日祝除く)

相続レポート REPORT

  1. HOME
  2. 相続レポート
  3. 境界確認書の押印はなぜ必要なの?

境界確認書の押印はなぜ必要なの?

2019.09.10

皆様、土地家屋調査士という国家資格をご存じでしょうか?
土地家屋調査士とは、不動産の登記簿(登記記録)の「表題部」の新設、変更・更正、閉鎖等の代理申請を行う土地建物の
表示登記の専門家です。

 

■Q■
隣接地の所有者から土地の測量をするので、立会後「境界確認書」に印鑑を押してほしいと頼まれました。
境界は元々ブロック塀で決まっているのに改めて何故押印が必要なのでしょうか?

 

■A■
我々土地家屋調査士は日々境界立会を行っております。その際によく聞かれる質問です。
ブロック塀が境界と言っても、境界標(コンクリート杭、金属標など)が設置されていなければ、そのブロック塀の中心なのか、外側なのか、内側なのかはっきり分かりません。ブロック塀もない土地であれば尚更です。

土地家屋調査士が資料調査・現地調査を元に境界立会を行い、正確な境界の位置が分かれば、そこに境界標を設置し図面等と共に資料を作成します。そうして出来上がるのが「境界確認書」です。

 

「境界確認書」の押印の大きな理由としては、

法務局に土地の分筆登記(土地を2筆以上に分ける登記)、地積更正登記(正しい地積に更正する登記)を提出する際は、署名押印された境界確認書の提出を法務局から求められるからです。

土地の分筆を前提にしている土地売買であれば、署名押印された境界確認書がなければ、売買自体が直ぐに出来なくなるという事態に陥ります。

将来的な紛争を防止するため、図面(写真も添付されるケースも多い)と共に書面にてお互いに確認したことの証拠を残すためです。

■境界確認書 雛形■

 

隣接地の所有者の境界立会・確認がないと境界明示ができず、土地の売買に支障をきたすことや、分筆登記・地積更正登記を行うのが困難になります。

通常、隣接地の所有者からの依頼での立会であれば、隣接地の所有者の費用負担で境界標を入れてもらえます。

仮に昔、隣接地の所有者と喧嘩をしていたとしても、立会、境界確認書への署名押印は協力しておいた方が賢明と言えます。何故なら境界立会は「お互い様」であることです。

いつ逆の立場になるか分からないということです。
境界線の立会でご心配な事があれば、お近くの土地家屋調査士に是非お尋ね下さい。

カテゴリ : 

筆者紹介

江藤 剛
土地家屋調査士

事務所理念
◎お客様の大切な不動産の取引・管理に関し、正確かつ迅速なリーガルサービスを提供します。

◎常にお客様や関係する方々の立場に立ち、丁寧且つ真心溢れた業務や相談サポートに努めます。

不動産という高価な財産における不動産表示登記に関し、依頼者の権利の保全の為に登記申請や測量を行う土地家屋調査士にとりまして、正確な知識に裏付けされたリーガルサービスが基本となります。その上で迅速に業務を完遂し、お客様に権利の保全と安心を提供します。また、専門的な知識が多い不動産登記や境界確定測量に関し、丁寧且つ真心溢れた相談サポートを提供します。

例えば、お客様が永続的にお住まいになる住宅の測量業務などでは、隣接者や官公署などと境界トラブルや越境によるトラブルなどが残らないように慎重に業務をすすめる必要があります。お客様の「大切な不動産に将来的な安心を」ということを常に考えながら業務を遂行していきます。
土地の取引では不動産取引が将来に関しても安全に行われる業務や相談サポートを提供致します。
そして、常に笑顔で元気よくお客様との関係構築に努めてまいります。

相続に関するお問い合わせ・
ご相談はお気軽に

お電話でのお問い合わせ

019-636-3241

受付時間:9:30~18:00 (日祝除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

ご相談は無料です

お電話でのお問い合わせ

019-636-3241

受付時間:9:30~18:00 (日祝除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ
フォーム

メールマガジン

盛岡アート相続サポートセンターニュース

相続・節税
お役立ち情報満載

ご登録は
こちらから